So-net無料ブログ作成

マリリン [マリ]

最近のマリちゃん。

Image445.jpg

こないだ手術しました。
おなかの穴もやっと埋まりました。

マリもラッキーのまんまるが大好きです。

Image447.jpg
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

龍馬伝気になる登場人物紹介① [本や映画]

龍馬伝は、しばらくの間ビデオに撮りだめるだけで
全然観ていなかった。

撮りだめると結局観ないんだよね。
観ていないところはスッパリ切り捨てました。
そんなわけで、数回前からリアルタイムで観ております。

Seazon2に入って、だんだん面白くなってきた。
魅力的な登場人物が多い中、今いちばん目が離せないのは
近藤正臣氏扮する山内容堂公その人である。
なんすかあの迫力!あの恐ろしさ!
あの顔の黒さは肝臓から来ているんでしょうか・・・

歴史上の偉人たちは得てして驚くほど若かったりするものだ。
坂本龍馬は満31歳のときに暗殺されたわけで、それはそれで
びっくりな若さなわけだが、山内容堂は46歳で死去したとある。
BYウィキペディア
よく考えたら武市半平太が下り坂に差し掛かったのは
文久3年ごろの話なわけなので、
すると昨夜のお話の中の容堂公は37歳????

実年齢をいまの基準と照らし合わせれば、
なんか、スゴイな・・・という感想にしかならないわけだけど
江戸時代の平均寿命がだいたい60歳だとすると、
現代の基準の25%増しくらいの年齢で考えてよいのではないのかしら。
それにしたって容堂公、いまの46歳相当にしては迫力ありすぎ。。。。
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ [本や映画]

内容をよくわからないまま読んだ。
もちろんいろんなところで話題になっていたのは承知の上で。

自叙伝ということすら知らなかったので、途中若干イラッとしながら
(マー君のあまりにも自堕落な生活に)
なんとか読み進めるうち、

「泣き顔を見られたくなければ電車で読むのは危険」などの口コミがあった
BYウィキペディア

そんな口コミも知りませんでしたが、まんまと泣き顔は晒しました。
日比谷線の車内で。

なんていうか・・・・
無償の愛っていうか・・・・
なんていうか・・・・
大抵の人はわかると思う。
共感できると思う。

ということが書いてあったと思う。

最近涙もろいです・・・・


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

  • 作者: リリー・フランキー
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2005/06/28
  • メディア: 単行本



nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

高知は龍馬だらけ [impressions]

そして龍馬へ会いに行く。

翌日土讃線で高知に向かう。
琴平駅で灸まんとうどんを購入し電車を待っていたが、電車が遅れてなかなか来ない。
どうやら強風のおかげで瀬戸大橋を渡れず本州側で足止めを食らっているという。
結局30分遅れでやってきた南風5号に乗り込み高知を目指す。

山を越えてようよう到着した高知の町には坂本龍馬があふれていた。

DSCF2760.jpg

街の至る所に貼られた龍馬伝のポスターをはじめ、銅像、着ぐるみ、イラストに至るまで
今、坂本さんを見ないでいるのが難しいほどの状態になってる街、それが高知。
空港まで龍馬の名が付いている。

あっちを見ても龍馬。
DSCF2764.jpg

こっちを見ても龍馬。
DSCF2757.jpg

高知名物アイスクリンにも龍馬。
DSCF2784.jpg

であい博の龍馬くんの後頭部。
DSCF2756.jpg

坂本さん、多すぎです。

どうやら普段は閑散としているらしい高知城も
3連休とあってか尋常でない人出である。
天守閣まで行くのに行進を余儀なくされる。

DSCF2733.jpg

そして桂浜。
照り返しがまぶしい。

DSCF2778.jpg

桂浜のそばには土佐犬センターなる建物が。
そういえば土佐犬も高知だよねー、名物多いねー。
しかしインパクトありすぎでしょ!子供なら泣くんじゃ。

DSCF2785.jpg

nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

金刀比羅宮と旧金毘羅大芝居 [impressions]

金刀比羅宮は山の中にあるのだが、実は漁業航海にも神徳を持つ
神様ということで、船がらみの企業がお参りに来るらしい。

本宮の敷地内の絵馬殿にはいろいろな船の写真が奉納されており
海上自衛隊関連が多いように見受けられたものの
日本最大の客船「飛鳥Ⅱ」を有する郵船クルーズも
ぬかりなく奉納しているようだ。

DSCF2715.JPG

こんな時代を感じさせる写真も。

DSCF2716.JPG

神聖かつ清々しき空気の漂う本宮を散策したのち、
笑う膝をなだめつつ下山。
登山と下山では使う筋肉が違うのだなぁ、などとしみじみ思う。

下山後はホテルの近くにある「旧金毘羅大芝居(金丸座)」という
国の重要文化財を見学。
期待度10%以下だったこのスポットがなかなかの
スマッシュヒットを放つのだった。

旧金毘羅大芝居は、天保6年(1835)に建築された現存する
日本最古の本格的芝居小屋である。

明治以降持ち主が変わるたびに名称が変わり、一時期は映画館ともなったが
映画産業の斜陽に伴い廃屋同然に放置されていたものが、歴史的価値を
再評価されついに国の重要文化財に。
その後実際に芝居小屋として利用されるまでに復活したのである。
歴史的資産を愛し、あきらめることなく蘇らせた人々の情熱に脱帽。

DSCF2729.jpg

この建物のスゴイところは、現在も現役であるというところだろう。
江戸時代の造りのまま運用しているため、年中の利用はできないものの、
毎年4月の気候が良い時期に歌舞伎公演が行われている。
回り舞台などすべて動力は町の若い衆、つまり人力なわけ。
町ぐるみでの取り組みが町おこしにつながり、
琴平町はとても活気があるのだった。

入場料500円で国の重要文化財の隅から隅まで見学できます。
案内係のおじさんの水の流れるような説弁も必聴。
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

しあわせさん、こんぴらさん。 [impressions]

二日目。
こんぴらさんにのぼる。

こんぴらさんは山の上にあるので、山登りが必須だ。
とはいえ階段完備なので、ひたすら階段を上って行けば良い。

大門まで365段、本宮までは785段。
その先にも階段は続くがさすがにその先はムリ。
でもせめて本宮までは行きたいなぁ。

そんなわけでスターーーート。

DSCF2685.jpg

朝8時過ぎなのでまだ参道に連なるお店は開いていないところも多い。

最初は大したことないのだが、だんだん・・・

DSCF2691.jpg

365段目の大門をくぐると鳥居が。
しあわせさん、こんぴらさん。と書いてある。
ナイスキャッチフレーズ。

DSCF2699.jpg

全体的にこんぴらさんは敷地の中でいろんな商売的なものを取り入れて
でもなんかいい感じにしているのだ。
たとえば境内の中に「神椿」という名の資生堂パーラーがあるのだが
地面に「cafe」とか書いちゃっているのだ。
でもなんかオシャレで、こういうのいいなと思う。

DSCF2705.jpg

桜が咲いているよ。

本宮まではもうすぐだ。
もうそろそろ膝が笑い出している。
ふくらはぎもびみょうにふるふるしているぞ。

DSCF2711.jpg

がんばれー。
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

琴平グランドホテル桜の抄 [impressions]

しまなみ海道を渡りきり、その後しばらく走ったところで義弟と運転をバトンタッチ。
車はホンダのインサイトで大人が5人乗るとびっちびちな感じだ。

この日は爆弾低気圧とやらが日本列島を通過してった日で、風が異様に強い。
いつもはもっと大きい車を運転しているためか、インサイトがやたらぶれる気がする。
こんなにぶれていいんですかというほどにぶれてくれたため、同乗者の顰蹙を買う。
イヤあたしのせいじゃないですから・・・

苦行難行の1時間が終わり、善通寺というインターチェンジで降りて琴平温泉へ。
泊まるのは「琴平グランドホテル桜の抄」というところで、結構評価が高そうな宿だ。
というか人様のクチコミのみを頼りに決めたといっても過言ではない。

実際のところ、こんぴらさんの参道からもほど近く、
自分のチョイスにガッツポーズという感じだった。
何せ感じがよい。
抹茶が出てくるのもいかしてる。(旅館なら当たり前?)

ひとっ風呂浴びた後、夕食を家族のだれよりもモリモリ食べ、
これ以上ムリーという感じになりつつ
苦しい中1Fロビーで抽選会をやるというので行ってみる。
こういうイベントは旅館側のがんばりがよくわかって微笑ましい。

人の集まりがイマイチ芳しくなかったためか、旅館のスタッフのみなさんが
「金毘羅船々」をBGMに輪になって踊る。
しゅらしゅしゅしゅである。



いいぞ香川。
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

しまなみ海道 [impressions]

この三連休でものすごく久々の旅行に行ってきた。

一日目。
広島空港からレンタカーでしまなみ海道へ。

しまなみ海道は、広島の尾道から愛媛の今治までを陸路で結んだ
たくさんの橋がある素敵な道路だ。

こんな感じの。
DSCF2652.jpg

大島というところに亀老山展望台というところがあって
そこからの眺めが絶景というので行く。

DSCF2662.jpg

かすんでるのは黄砂のせい。

この島にある「よしうみいきいき館」というところで海鮮バーベキューというのができる。
好きな魚介類などを七輪の上で焼けるのだけど

爆弾が仕込まれていたらしく、サザエが突如爆発!
爆汁を浴びる。

父の膝には放たれたサザエの中身(実)が・・・(;´д` )

義弟の腕にはサザエ汁がびっちょり(;´д` )
でも動じない大人な彼。

妹のテンション下がる。

わたしのほうには殻の部分が飛んできた。
汁も結構飛んできた。
でもなんとか許容範囲。

2発目はないかと思って油断していたら、なんと今度は牡蠣が爆発。
貝類は爆弾になるので気をつけよう。

さすがに口数も少なく昼食を終える。
海鮮バーベキューは素人にはけっこうハードルが高かった。
nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

うざい [日常]

しばらく見ない間にブログに広告がっ。
うざいので投稿します。
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メリクリ [impressions]

今年は景気が悪いっす。
肌で感じた3ヶ月間だった。

今年もクリスマスケーキは端から食べます。
推定5号サイズです。

Image366.jpg
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。